朋美を知る

Inada Tomomi 衆議院福井県1区選出、当選5回

前 自由民主党幹事長代行
元 自由民主党筆頭副幹事長兼総裁特別補佐
元 自由民主党政務調査会長
元 防衛大臣
元 規制改革・行政改革・公務員制度・クールジャパン担当相
弁護士

・伝統と創造の会 会長
・女性議員飛躍の会 共同代表
・超党派ジョギング・マラソン振興議連 幹事長
・Withコロナ・Afterコロナ 新たな国家ビジョンを考える議員連盟 幹事長
・こども宅食推進議員連盟 会長
・脱炭素社会実現と国力維持・向上のための最新型原子力リプレース推進議員連盟 会長

福井県今立郡今立町(現 越前市)生まれ。早稲田大学法学部卒業。
弁護士として百人斬り報道名誉毀損訴訟、靖国裁判などに携わる。
平成17年、福井1区で衆議院議員に初当選し、現在5期目。
第二次安倍政権において、行政改革担当大臣、自民党幹事長代行、自民党政務調査会長(二期)、防衛大臣等を歴任。
現在、衆議院法務委員会筆頭理事、自民党整備新幹線等鉄道調査会長。その他、自民党若手保守政策集団「伝統と創造の会」会長、自民党女性議員による「女性議員飛躍の会」共同代表を務める。
著書に『百人斬り裁判から南京へ』(文春新書)など。
趣味はランニングとサウナ。週に3~4日、早朝に10キロを走っている。

政治信条「伝統と創造」
趣味ランニングとサウナ
尊敬する人西郷隆盛
座右の銘「高邁な精神で決断し、断固として行動する」
家族弁護士の夫と一男一女
著書『強くて優しい国』 幻冬舎 2021年
『私は日本を守りたい‐家族、ふるさと、わが祖国』 PHP研究所 2010年
『日本を弑(しい)する人々』 PHP研究所 2008年
『百人斬り裁判から南京へ』 文春新書 2007年

略歴

昭和34年 2月 福井県今立郡今立町(現:越前市)2月20日生まれ
昭和56年 3月早稲田大学 法学部 卒業
昭和60年 4月弁護士登録
平成17年 9月第44回衆議院議員総選挙 初当選
平成18年 2月「伝統と創造の会」会長
平成21年8月第45回衆議院議員総選挙 二期目当選
平成21年11月自由民主党福井県支部連合会 会長
平成24年12月第46回衆議院議員総選挙 三期目当選
平成24年12月第2次安倍内閣にて行政改革担当等、内閣府特命担当大臣(規制改革)
平成26年5月国家公務員制度担当大臣
平成26年9月自由民主党 第五十六代政務調査会長(二期)
平成26年12月第47回衆議院議員総選挙 四期目当選
平成28年8月第3次安倍第2次改造内閣にて防衛大臣
平成29年10月第48回衆議院議員総選挙 五期目当選
平成30年10月自由民主党筆頭副幹事長・総裁特別補佐
平成30年11月自由民主党整備新幹線等鉄道調査会長
令和元年9月自由民主党幹事長代行

執筆

著書出版

全国書店にて好評発売中

多様性と寛容を尊重する「保守」を掲げる稲田朋美が、生い立ち・政治家としての軌跡・国家像をすべて書きました!幻冬舎刊 定価1650円(税込)

強い政策

・防衛力増強
・憲法改正
・原発リプレース etc.

優しい政策

・女性活躍推進
・シングルマザー支援
・LGBT支援 etc.

私は日本を守りたい
家族、ふるさと、わが祖国
平成22年6月24日出版
出版社:PHP研究所
定価:本体1500円(税別)

日本を弑(しい)する人々
平成20年5月26日出版
発行所:PHP研究所
定価:本体1500円(税別)

百人斬り裁判から南京へ
平成19年4月20日出版
発行所:文春新書
定価:本体720円(税別)