月別アーカイブ: 平成28年3月

平成28年3月31日(木)夕刊フジ【伝統と創造】共産党と組もうとする民進党 名前は変わっても体質は変わっていない

今年は米大統領選の年である。民主、共和両党の候補指名争いは山場を迎えており、民主党はヒラリー・クリントン元国務長官、共和党は不動産王のドナルド・トランプ氏が先行している。個々の候補者についてコメントすることは控えるが、今回の米大統領選は、予想を裏切る展開が続いている。

民主党では、クリントン氏が序盤から優勢であったものの、バーニー・サンダース上院議員の健闘ぶりが目をひいた。サンダース氏の、相手陣営を批判しない政策重視の姿勢には好感が持てる。共和党では、暴言ともとれる言動が目立つトランプ氏のこれほどまでの快進撃は、誰も予想できなかったはずだ。

これらの状況から見えてくるのは、米国民が従来型の政治家ではなく、閉塞感を打破し、強烈な個性を持った新しいタイプの政治家を求めているということだ。ただし、トランプ氏に関しては、共和党内だけでなく、国際社会から懸念の声が上がっている。

トランプ氏の外交観は「孤立主義」だ。日米同盟の必要性を軽視している発言も気になる。3月21日の米紙ワシントン・ポスト論説委員らとの会合では「なぜ日本が駐留経費を100%負担しないのか」「米国の利益にならない」などと主張したという。

トランプ氏が、事実関係を踏まえて発言しているかどうか疑わしいが、仮にトランプ氏が大統領になった場合、日米関係に影響が出てくる可能性も否定できない。米大統領選の動向については今後も注視していく必要があるが、今後日本でもきれい事や抽象論ではなく、物事の本質をとらえた力強い発信をする政治家が求められていく傾向は強まってくると思われる。

さて、3月27日に民主党と維新の党が合流し、「民進党」が結党された。個人的には、野党時代に衆院法務委員会で一緒だった山尾志桜里氏が、政調会長に抜擢されたことが印象的だ。当時から、簡潔で論理的な質問をされていた。今後は、民進党の政策責任者として国民のための建設的な政策を提言されることを期待している。しかしながら、民進党に対しては、厳しい評価をせざるを得ない。党名さえも自分たちで決められず、世論調査で決めるとは、議論はするが結局政策を何も決められなかった政権与党時代の民主党の体質が、まだ残っているようだ。

さらに「日米安保条約破棄」「自衛隊解消」を掲げる共産党と手を組もうとしているのも不可解だ。北朝鮮の核・ミサイル、中国の海洋進出という懸念すべき安全保障環境をみたとき、東アジア、太平洋地域においてどのようにして日本を守るつもりなのか。民進党が本当に政権を担うつもりがあるとは思えない。実現不可能な財源を掲げ、子ども手当や農家の戸別所得補償など国民を惑わし政権をとったのはわずか6年半前。政権を取るためなら何でもするという姿勢が、再び国民から支持されるとは思えない。名前は変わっても、本質は何も変わっていないようだ。 (自民党政調会長・稲田朋美)

平成28年3月23日(水)映画「つむぐもの」関係者との面会・対談

DSC_0023 - コピー DSC_0037 - コピーDSC_0052 - コピー

越前和紙職人が主人公の映画「つむぐもの」の主演俳優・石倉三郎さんと監督・犬童一利さんから、映画の舞台である福井県越前市の和紙職人が一枚ずつ手漉きした越前和紙の映画ポスターやチケットを贈呈していただきました。

また、「つむぐもの」プロデューサーの前田紘孝さん、アソシエイトプロデューサーの石川紘嗣さん、非劇場上程担当の鳥居明夫さんや、滝波宏文参議院議員にもお越しいただき、作品に対する思いや越前和紙の素晴らしさ、映画のテーマや発信方法、撮影の裏話などについて対談いたしました。

平成28年3月17日(木)夕刊フジ【伝統と創造】看過できない国連女子差別撤廃委員会の認識 皇室典範への言及は不当極まりない

国連女子差別撤廃委員会が7日に発表した最終見解は、日韓合意を「被害者を中心に据えたアプローチを採用していない」などと批判し、元慰安婦への金銭賠償や公式謝罪を含む「完全かつ効果的な賠償」を求めた。

これは、日本の見解とはまったく相いれないものである。日本政府は今回、杉山晋輔外務審議官を派遣して、同委からの質問に答え、初めて「強制連行」「20万人」「性奴隷」は事実に反すると反論した。遅きに失したとはいえ、政府が初めて慰安婦問題の虚偽について事実に基づいた反論をしたことは大きな意義がある。ところが、同委はまったくこの日本の主張を踏まえず、世界が前向きに評価している日韓合意による「最終的かつ不可逆的解決」にも逆行する見解を出したことは看過できない。

さらに、11日、国連のザイド・フセイン人権高等弁務官が国連人権理事会での演説で、慰安婦について「先の大戦で日本軍による性奴隷制度を生き延びた人々」と述べたことは、いかに慰安婦に対して誤った認識が国際社会に蔓延(まんえん)しているかを示すものであり、暗澹(あんたん)たる思いだ。

四半世紀にわたって慰安婦についての誤った認識が世界に広がることに対し、日本政府が事なかれ主義で不作為に終始してきたなれの果てが今の憂慮すべき状況であるから、同様の年数をかけて虚偽を正していかなければならないことを覚悟すべきだ。

今回の国連見解で、驚愕(きょうがく)すべき見解が出される寸前で削除された。当初準備されていた見解では、皇室典範を「差別的規定」と決めつけ、「皇室典範を女系女子の皇族にも承継が可能となるよう皇室典範を改正すべき」とされていたのだ。

まず、今回の女子差別撤廃委員会において、皇室典範は議論の対象にすらなっていなかった。最終見解案の段階で突如、不意打ち的に出てきた。これは、わが国の反論権を全く無視した民主主義の手続きに違反した不当極まりないやり方だ。

さらに、その内容もわが国の2000年以上の歴史と伝統の上に不文法の時代から定められ、受け継がれてきた皇室のあり方という国柄そのものに直結する事項であり、男女平等や差別という問題とは次元を異にする。なぜこのような見解が示されようとしたのか、国連の手続きの問題点も含め、党の特命委員会で検証することにした。

最後に私事であるが、週刊誌を名誉毀損で訴えていた裁判が大阪地裁で棄却された。私についての「在特会(在日特権を許さない市民の会)と近い距離が際立つ」という表現は私の社会的名誉を毀損するが、それは「事実を摘示」したのではなく、「論評」だから違法性がないというのだ。私は在特会と何の関係もなく、接触したこともされたこともない。「近い距離」という表現は「何らかの関係がある」という「事実」を含む表現であり、このような悪意に基づく虚偽を許すことはできず、控訴審で争うつもりだ。

(自民党政調会長・稲田朋美)

平成28年3月16日(水)フクイテキスタイルコラボ展

DSC_0010 DSC_0021DSC_0005 DSC_0124

フクイテキスタイルコラボ展(福井県繊維協会主催)に出席しました。

出展する18社・団体すべてのブースを見せていただき、世界に誇る福井の素材や技術の素晴らしさを改めて感じました。福井の中でこれだけよい素材が開発され、素晴らしいモノづくりの技術があるのに、まだまだそれを発信できておらず、それが福井のものであることも示せていないように思います。また、生地自体のデザイン(テキスタイルデザイン)の高い技術も発信できる仕組みが必要だと感じました。